言葉を封印したら、伝えたいことが溢れてきた

完治したから言えることではありますが
まったく声が出なくなった時期が、最近あって。

ファイバースコープを鼻から入れて検査したのですが
声帯はほとんど傷ついておらず。

細菌が肺や気管支(喉の奥)を侵して
膿がでて喉を塞いでしまった、と。

声を出してはだめ!
誰ともしゃべっちゃダメ!!

という数日を過ごしまして
安静にしているしかなく
何も手につかず
考えはまとまらず色んな思いがよぎりました。

その時も、
それ以降も、

またこんなに風になったら今後どう生きようか、とか
健康なのは当たり前じゃない、自分にもしものことがあったら誰に何を伝えたいだろうか、とか


そういうことに想いを馳せることが多くなりました。


いま生きている、ということに
ちゃんと向き合わないとな。


悩んだり焦ったり躊躇したりしていることもあるけど
その全部を抱えながらも、
とにかく今を大事に丁寧に過ごして、ちょっとでも前に進みたいなと。




言葉が封印された分、伝えたい想いがふつふつ湧いてきたので
これから少しずつ、綴っていこうと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

ご感想 その②

過敏なオトコ