弟子にしない!ときっぱり断られて気づいたこと

私が心酔するセラピストの先生に「師匠!!弟子にしてくださいっ」と言ったら


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『◯◯先生のところで学びました』なんて看板掲げなくても、ひとつのツールとして理論や技術を身につけてどんどん使ったらいいんだよ。
自分で使いこなせること、それを使ってちゃんと自分の人生を歩むこと。
そのために伝えてるんだから。
枠の中に留まって小さくまとまらずに、自分全開でのびのびやりなされ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


という主旨のことを言われた。



その時、私は
『◯◯先生のところで学んでいた私はすごい』『あの先生のところにいた人なら間違いない』というお墨付きが欲しかったんだなと気づいた。


冗談みたいに「弟子にしてくださいよぉ」と言った私に対して穏やかに真摯に答えてくれた先生の姿をみて
「先の見えない不安を”先生の弟子”という保証をもらって、安心感を得たかったんだな」と思って、恥ずかしくなった。

同時に「この先生の元で経験を積むことができて良かったな」と嬉しくなった。





人生は予測のできないことばかり起きる。
その中、何を選び取るかは自分次第。


世の中にはいろんな認定資格があり、いろんな先生がいて、いろんな理論がある。
何を学んでもいいし、誰のところに行ってもいい。



でも結局、自分の人生の責任は自分が取るしかない。



弟子にしない!
とはっきり言い切ってくださった先生。



信頼関係があるからこそ、と受け取りました。
私の底力を信じてくれているんだなぁと。




これからの私の生き様を、楽しく見守ってもらいと思いました。
















コメント

このブログの人気の投稿

ご感想 その②

過敏なオトコ

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!