理想の働き方にこだわることで、人生が有意義になる。



時間は有限だ。
働かされると思うのか、自分の選んだ働き方をしていると
胸をはって言えるか。
いつでも自分に問いかけていたい。



かつて。
私は巨大な老舗ホテルの裏方仕事をしていた。レストランのバックヤードで高価な銀器やグラスを磨いたり、朝食用のパンを焼いたりコーヒーを落としたり。
それ以外に、朝、昼、晩、と複数のアルバイトを掛け持ちしていてから、いつだって眠くて眠くて仕方ない。うとうとしながら歩いてガードレールにぶつかって目を覚ます、なんてことが日常茶飯事だったあの頃。私はいつか表舞台で活躍する自分を夢見て、ひたすら働いていた。お金を貯めてやりたことをやるぞ、という決意から仕事をしまくっていたのだが、いつしかお金を稼ぐことそのものが目的になってしまい、ただただスケジュール帳をバイトのシフトで埋め尽くした。そのうち「どこでどんな風に活躍したいんだったっけか?」と訳が分からなくなるほど忙しくなってしまい、ある日、トースト用の食パンが入ったケースを持ち上げた姿勢から、一歩も動けなくなってしまった。
疲労による股関節麻痺だった。「あと少し治療が遅かったら歩けなくなっていましたよ」と医者に宣告されたことをきっかけに自分の働き方を見直し退職した。
忙しさを理由に人間関係を軽んじていたのも事実だ。いくつもの予定を綱渡りするようにこなし、大事な人とのコミュニケーションにかける時間をはしょり、対話や議論を避け、親交を温める時間を省いた結果、たくさんの友人を失った。


それからというもの私は自分の”理想の働き方”を真剣に考えるようになった。
私がいま仕事をする上で気をつけているのはこの事柄だ。


1)いつ、どれくらいの量の仕事をするか、自分でコントロールできる環境を整える。
2)一日に仕事を詰め込み過ぎない。締め切りの設定に余裕を持つ。
3)創作にかける時間を確保する。自分がいちばんやりたいことだから。
4)大事な人と会う約束は一日にひとつだけにする。
5)うわべだけの付き合い、気がのらない集まりにはいかない。

これをしっかり意識するだけでも、かなり余裕ができた。
最初は仕事を制限すると収入が減るような気がして不安だったが、時間と心に余裕ができたことでむしろ収入は増えた。
人間関係にも無理がなくなり、好きな人と心地いい時間を持つことができるようになった。


人生は有限だ。
仕事や時間に殺されないように、地に足をつけてひとつひとつを大事に積み重ねていきたい。








コメント

このブログの人気の投稿

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

ご感想 その②

過敏なオトコ