「伝えたい」が自分の中から出てくるのを待つ

今年の秋から
道場で子供たちにスピーチ原稿(作文)の指導をしてる。


ごくごく基本的な構成は伝えたりするけど
ひざを付き合わせて話すと
子供には子供なりの
「こう書きたい」
「この順番で言いたい」
という考えがちゃんとある。



それを正面から聞く、ということにしている。


大人の考えで文章を整えようとするより
その子の「伝えたい」が出てくるのを待ちたい。


型を覚えるのは
・自分の気持ちを言うって、怖くないんだ
・考えていることが伝わるって、面白いな

という体験を
味わってからでもいいな、と。

コメント

このブログの人気の投稿

ご感想 その②

過敏なオトコ

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!