【峠】 真壁仁 著 POET


峠は決定をしいるところだ。
峠には決別のためのあかるい憂愁がながれている。
峠路をのぼりつめたものは
のしかかってくる天碧に身をさらし
やがてそれを背にする。
風景はそこで綴じあっているが
ひとつをうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。
峠にたつとき
すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。
峠のうえの空はあこがれのようにあまい。
たとえ行手がきまっていても
ひとはそこで
ひとつの世界にわかれねばならぬ。
そのおもいをうずめるため
たびびとはゆっくり小便をしたり
摘みくさをしたり
たばこをくゆらしたりして
見る限りの風景を眼におさめる。







【峠】 真壁仁  著

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜



私もいま
人生の峠に立っています。


眼下に広がる景色は、幼い頃に想像していたのと違いますが
だいぶ面白そうです。











コメント

このブログの人気の投稿

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

自分に”夏休みの宿題”を課す!!

こうでなくっちゃ、演劇作家。変態性、存分に発揮されて。