終わりをみすえたはじまり


間もなく本番を迎える。舞台とかライブ本番前のシンとした空間に身を置くのが好き。



このライブのために編んだ詩。
CIfaが奏でたメロデーに刺激され、書き下ろした歌詞。
新たな出会いで生まれた、藤山周さんのギターとのコラボ。



どんな風にお客様に届くのか、その瞬間が待ち遠しい。




ライブはその時一回限りの”化学反応”がある。
お客様の表情や息遣い、姿勢などが目に入ると、「意識しないように。。。。」と考えながらもおおいに影響を受ける。


それが良いとか悪い、とかではなく、
受けた波動をどう取り込んでお返しするかが【表現】なのだと思う。




いま心を整えている。

あと数時間もすれば今日限りのステージが終わる。
それをみすえて、はじめる。


終わりを見すえたはじまり。
この時間の緊張感が心地いい。











コメント

このブログの人気の投稿

ご感想 その②

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

過敏なオトコ