仲のいい相手に対して、ふいに緊張してしまうことありませんか?

よく知っている人なのに、極度に緊張することがあります。
そんな時、自分の中で何が起こっているか見つめてみると

◆思っていることを伝えるのには勇気がいるなぁ
◆もしわかってもらえなかったら、ここで関係は終わってしまうかも
◆悩みを相談したら相手に迷惑がかかるかもしれないからふたをしておこう

と考えている自分がいました。



その気持ちを支配しているのは【恐怖】なんですね

自分をわかってもらえないかもしれない【恐怖】
うとましがられてしまうかもしれない【恐怖】
拒絶されてしまうかもしれないという【恐怖】

でも怖がっていては何もかわらない。

傲慢な自分も
弱い自分も
いいかげんな自分も
すべて自分なんだと
さらけ出していかなくては
本当の人間関係は作れない。


傷ついたり、嫌われたりするかもしれないという【恐怖】は
さっさと乗り越える方がいいようです。


自分の気持ちや価値観が
相手に受け入れられないこともあります
でもだからといって

自分という人間が
すべて否定された訳ではない。

◆相手の受け取る量と渡した量が合わなかったんだ
◆タイミングがわるかったんだ
◆言い方や方法が間違っていたんだ

というように
「これは失敗ではない」
とらえるようにし

変えたほうがいいと思ったことは「相手を変えるのではなく自分が変えてみる」
ことにしました。

相手のことを変えるのではなく
自分の心の在り方をかえてみよう
そうすると
必ず変化の兆しが見えてきます。


あくまでもニュートラルな状態を心がけて相手と向き合うことでいままで知らなかったいい面を発見できるかもしれません。



コメント

このブログの人気の投稿

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

ご感想 その②

自分に”夏休みの宿題”を課す!!