自分の命が輝く場所を見つけよう。それが世間や家族に理解されなくても。


楽しみにしていた作品、【コンビニ人間】。
雑誌の形で読みたくて、図書館で予約。



待ち遠しく思っていたから
読み始めたら時間を忘れて、あっという間に読了。



自分の生きる場所を見つける、その一部となり命が輝く。
その場所が”どこか”。
それに気づくことが、自分を活かす人生の第一歩なのかもしれない。




たとえ、
家族や世間に
理解されなくても。



私も10代の頃、コンビニでアルバイトをしていた。
その時の記憶は、どんよりとした惨めさで塗りつぶされているけれど、
この物語の主人公にとって《コンビニ》は、
かけがえのない場所なんだな。




誰もが目にしたことがあるだろう《コンビニ》を舞台に
ここまで【生きざま】を描けるなんて。
本当に素晴らしい。




自分が活きる場所=生きる場所。



主人公に自分を重ねて、そう感じた作品だった。


コメント

このブログの人気の投稿

結論!!自分の想いを受け取ってもらうには、◯◯を考え尽せ!!

ご感想 その②

自分に”夏休みの宿題”を課す!!